NOVAについて

  ボホールの西(バリカサグに近い)パングラオ島の南岸(ホヨホイビ−チ)の地に、海を見下ろリゾートを建設しております。
 2004年7月にクラブハウス(レストラン)がオープンし、9月には、デラックスタイプとスタンダードタイプ共にゲストハウスが完成しました。まずは、第1期工事の完了です。2005年12月にシーサイドヴィラがオープン、2006年3月にトレスビヴィラ、4月に海を一望するシーサイドレストランがオープンしました。第2期工事の完成です。2007年1月にはオーナーズヴィラ、3月にはニューデラックス棟、9月にはプールの完成が完成しました。第3期工事の完成です。
2008年には個人別荘タイプのプライベートコテージ(デラックスルーム7、8)も完成し、残るは別荘タイプの1棟(2室)を残すのみとなりました。2009年はオープン5年目で全体完成に近い状態になりました。
 ノバビーチは、ビーチダイビングが可能で、ユニークな竹のイカダによるハウスリーフイカダダイブを行っています。ハウスリーフは近年、近隣のボートダイブポイントとなりマクロダイビングの有名ポイントとなっています。
レストラン横の階段を下りると100m、200m先にはコーラルとドロップオフのダイビングポイントが広がっています。



フィリピンの第一級ポイント「バリカサグ島」に一番近い。
ビサヤ海域の大物ポイントでギンガメやバラクーダの群れが高確率で見る事が出来る。しかも、ボートで30分 40分、船に弱いダイバーでも問題ありません。
ハウスリーフは「マクロ天国」
珍しい「ハゼ」などが普通にいて、他のダイバーを意識せず自由に撮影できる。しかも、カレントが弱く、のんびりダイビングが楽しめます。

スペシャルノバビーチダイブは、バンブーフロート(イカダ)でポイントまでご案内。
スタッフが地元出身のフィッシャーマンで海を熟知している。ビーチからではなく、ポイントにあるブイ付近までタンクや機材を運びます。
日本人ガイドが常駐し、日本語のみでもダイビング、宿泊、観光が出来ます。
受付やダイビングガイド、ログ付けまで、滞在中のお世話を日本人が行い言葉の問題が有りません。

1人ダイバーや長期滞在ゲストに嬉しい格安な宿泊施設があります。
現地材料をたっぷり使った「バンブーハウス」は気軽に泊まれる。アジアンテイストのゲストハウスは快適で、寛ぐためのクラブハウスもあります。宿泊施設やクラブハウスは全てバンブー(竹)と椰子の木で作っています。拘りの、造りを楽しんでください。
新鮮な魚や果物が豊富です。
フィリピン料理が口に合わない人に朗報、全て新鮮な食材を使います。近海で採れた魚介類や食材は好評です。

リゾート前のビーチは他のショップやホテルが無く、プライベート感覚です。
夜は星空を鑑賞するのに最適な環境です、波の音を聞く以外他は何も有りません。
海を見下ろす「シーサイドテラス」は絶景です。
海を一望する立地にあり、前の海はイルカのジャンプも見ることが出来ます。ダイビング後のリラックスは之に限る。最高のハンモッグに揺られて。

ノンダイバーも遊べる、珍しい観光スポットが多い。
雄大で行けば実感チョコレートヒル、世界一小さいサルのターシャ、フィリピン最古の教会バクラヨンチャーチ、ロボック川の川くだりなど。フィリピンで一番の観光スポットです、日本語でご説明します。
近隣の土地から隔絶した立地で、安全で安心して過せます。
自然を楽しみ、寛げる施設は何時か日本人が何処かに忘れてきた懐かしさがあります。何もないところで、海の風に吹かれて過ごして見ませんか?素足に竹の感触は何者にも変えがたい贅沢があると思います。




Copyright(C) 2004 ノバビーチリゾート All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch