今日は気持ちよく晴れましたが、昨夜は豪雨がありました。

凄い勢いで雨が降っていました。

その雨のせいでオーナービラの1室が雨漏り、、、。

特に珍しい事ではありませんがすぐに屋根の修理を始めました。

建設から10年目のオーナービラは今年は改装の年の様です。

屋根材のカヤはフィリピンではコゴンと呼ばれ、伝統的な自然素材です。

自然素材は心にやさしく気もちは良いですが、長い年月が無理です。

概ね自然素材は5年が寿命で、ハウスリーフに使う大竹は半年の寿命です。

東屋に使っている竹の寿命は1,2年。

弱い竹や若い竹は半年で交換になります。

又、竹を編んだ天井や壁に使うシート(網代風)は4,5年の寿命です。

10年契約のオーナービラは今年更新の年です。

しかし、自動更新で新規契約なし。

負担金もなく、そのまま継続します。

時間をかけて修理と部品交換をして使用します。

これがフィリピン風と考えています。

自然とともに生きる、、、、、。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

木製のスピードボート