ノバビーチリゾートの1日(仮想体験)

到着日(1日目

マニラ経由(当日着スケジュール)


日本国内の空港でチェックイン時に必ずタグビラランまでのチェックを行って下さい。
預ける荷物の行き先は「tagbilaran」です。

難関はマニラの乗換えです(ご注意ください。  大きなな遅れがなければ必ず乗り継げます。 ご安心下さい。
ワールドツアープランナーズのパックツアーは万一乗り継ぎに失敗しても、スタッフのフォローがマニラであります。 もしもの時、ノバビーチリゾートに電話を下さい。
フィリピン国内からは038−502−8298
です。
マニラ空港に到着後、入国管理(イミグレーション)通過して、ターンテーブルに荷物を一度ピックアップして至近距離の税関カウンター小さなテーブルのみ)に移動してください。
ターミナルビルの外に出て、三階の国内線に移動です。国内線ターミナルは時に変動があり、再確認が必要です。

タグビララン空港到着。 此処まで来れば安心です。
ノバビーチリゾートのスタッフがお出迎え。
専用車でノバビーチリゾートへノンストップ(約30分)です。
ノバビーチリゾート到着後はレストランで申し込み書等をご記入下さい。 滞在中のご説明やご希望等をお伺いいたします。 又、貴重品の少バックをお渡ししますので、ご利用下さい。
ノバの滞在中は現金は必要ございません。
飲みのやオプショナルツアー等は全て所定用紙の記入のみで、自己申告です。
夕食は午後6時30分からでバイキング形式。 レストランのご利用は夜9時間です。

近代的なマニラ空港   田舎のタグビララン空港



派手ノバカーで送迎    国道からの凸凹道30分



ノバビーチリゾート到着  先ずは、レストランへ



波の音を聞きながらの食事 記念日は皆でお祝い
標準的滞在日

 早朝ビーチダイビング集合は6時30分です。  水着でダイビングに直接必要な物のみご持参下さい。 BC、REGはお部屋の前に6時までにお出し下さい。 スタッフが運びセットいたします。    ハウスリーフのブリーフィングは参加者が全員揃ってから行います。 遅れないように御集合下さい。
説明後、ウエイトをつけ3点セットを持って階段を下りると、ダイビングスタートです
通常は、ノバのオリジナルボート(?)竹のイカダでハウスリーフまで移動します。 楽チン、ビーチダイブです。   イカダにはご自分の器材(BC)の近くに座ってお待ち下さい。  イカダから足を出しての移動は怪我の元ですから、お止め下さい。 詳しくは、イカダダイビング参照。
ノバハウスリーフはマクロ天国。
6種類のクマノミ(ハマ、カクレ、クマ、セジロ、ハナビラ、スパインチーク)。 貴重なカニハゼ、ニチリンダテハゼ、は年間通して外れなし。
ハタタテシノビハゼも居ます。 シャイで可愛いリングアイジョーフィッシュは水深18mラインにいます。  オイランヨージやイシヨウジは通常メンバー。  ニシキフウライウオやオオモンカエルアンコーはエキストラで出演します。
潮の流れも弱く、写真の練習にはピッタリ。       ジックリとダイブできますから、ブランクダイバーや中高齢のダイバーも安心
波のある日はイカダが波に押されて、動けなくなることはご了承下さい。
 
「ご注意」  熱帯低圧発生時はハウスリーフダイブは中止です(スミマセン)

ボートもノバの前からは出せませんので、車移動でパングラオ島の北側ビーチか島の南西端に行きます(7月から10月に発生)。

朝食はビーチダイブの後、8時からになります。 1ダイブ後は食事が美味しい。

集合場所はシャワー前  階段を下りれば海





スーツを着てウエイト付け 階段を下りるとイカダ





イカダビーチダイブ     ダイビングスタート





6種類のクマノミが    マクロ天国
標準2ボートダイブはパングラオ南

朝食後8時45分に東屋に集合し、全員が揃ったらイカダでボートに移動します。

ウエットスーツを着て、3点セットを持参下さい。  早朝ビーチダイブで使用したBCとREGはスタッフがボートに運んでおきます。
日焼けの対策や風除けの対策(パーカーや帽子)をお忘れなく。 ダイコンやカメラの持参下さい。  水はボートにも積んで行きますが、各個人的も無料のドリンクサービスがございますので、ボトルに入れて持参下さい。  簡単なトイレもありますが、事前のお済ませの上、御集合下さい。 2ボート連続で終了後ノバビーチリゾートに帰ります

代表ポイントは、ノバから東はアルコ、BBC、エスカヤ、ホヨホイイースト、ノバから西はロックビュー、Pサンクチュアリ、カリパヤン、ダナオオウール、です。 その日のコンデションとご希望から選択します。
ポイントご希望は到着時にリクエスト下さい。

ボートダイブはフィリピン産のバンカーボでドリフトダイブとなります。 スキルに自信のない方、ブランクダイバーは事前リクエストでマンツーマンの個人ガイド(オプション)を付けることも可能です。 ガイドは日本人ガイドとフィリピン人ガイドが行います。     日本人ガイド指定(オプションなし)もお申し込み下さい。

ボートに乗船後、必ず器材の確認をお願いします。  確認が出来たら、ボートスタートします。

エントリーはダイビングポイント説明後、バディー単位で行います。 スタッフはお手伝いします。 ガイドより深い水深やガイドより先行することは安全上よりご遠慮下さい

標準ダイビングは最大水深20メートルでダイビング時間は35分から40分
 
器材は スタッフがセットしてありますが、再度のご確認を各自お願いします。
基本スタイルは水底集合です(平均5メートル)。

水深と残圧の管理は自己責任です。
タンクはアルミの12リットル。
 平均180の圧のタンクをお渡ししますので、残圧が100になりましたら、ガイドにお知らせ下さい。 又、深度についてガイドの指示に従って下さい
エギジットは浮上後、ピックアップに来るボートを見て、ボートの階段のある方にスイムで進んでください。 ボートの外側の竹(アウト利がー)にご注意下さ。 ボートに張り渡してある、ロープに御掴まり下さい。        1人1人階段につかまり、ウエイト次にBCを取ります。 最後にフィンを脱いでボートのスタッフに渡して、階段を上がって下さい。 スムーズに出来ない人は、スタッフに依頼下さい。 スタッフが行います。
お殿様お姫様ダイビングスタイルです

1ボートダイブ終了後、約1時間の水面休息を取ります。 ユックリとご休憩下さい。

2ボートダイブも1ボートダイブと同じ要領です。
ガイドの指示にし従い、2ダイブ開始の5分前には再度ウエットスーツを着用下さい。

2ボート終了後、ノバビーチリゾートに帰ります。 レストランでランチです。
ノバビーチリゾートののプールは真水です
ダイビング後の潮抜きにご利用下さい。
プールに入る際は、ウエットスーツを脱いでシャワーを浴びてご利用下さい。

ランチ後はユックリと風に吹かれる、、、

オプショナルで世界の不思議な風景と言われる「チョコレーヒル」をお楽しみ下さい。
パングラオダイブの終了後午後2時からを予定しています。 
お土産買いはオプショナルで、タグビララン市のショッピングモーにお買い物ツアーがあります、ご利用下さい。 新ゲストピックアップ時は車が2時30分にノバを出ます(1人からOK)。
チョコレートヒル観光やターシャ観光にショッピングを組み合わせることも可能です。
日本人スタッフにご相談下さい。



ボートの乗船もイカダで  重機材はスタッフが移動




器材の再確認を      バックロールでエントリー




ボートに向かって     ボートに掴まり器材アウト




レアーですが        固有種




タンク等はスタッフが  ボートで水面休息1時間




観光のチョコレートヒル  ロボックリバーの川くだり




ターシャは何処だ?    キアラとオメガ、、、




プールサイドでリラックス アフターダイブはビール?




記念ダイブで乾杯、    記念ダイブやバースデー

ボートダイブはバリカサグへ(オプション)

ノバビーチリゾートの最大の魅力はバリカサグが近い事。 バンカーボートで30分から40分
基本パングラオ南ダイブと要領は同じです。

2ボートダイブの終了後、ランチはバリカサグで
島に上陸の時も有りますし、ボートでランチの時もあります。

ランチ後の追加ダイブもバリカサグの定番で、殆どのバリカサグダイブは3ダイブします。
之で、大物遭遇率が大幅にアップ、

バリカサグの魅力はマクロから大物の群れまで多彩な魚たち。
数百匹のバラクーダの群れは圧巻です。
運が良ければ世界に1匹の金色のバラクーダ「ゴールデンバラクーダ」に遭遇します。
又、頭部が銀色の「シルバーヘッド」も。

ギンガメアジの群れは流れのある時の「大群」から流れのないリラックス時の「トルネード」まで、多彩です。
サンゴに群れるハナゴイ系やトウアカクマノミ村、数の多いスズメダイも凄い。

バリカサグのもう一つの名物は「バリカサグオバサン」。遭遇率100パーセント
アクセサリーや貝を売りに手漕ぎボートで毎日出勤。   押し売りはありませんが、「私可愛そう、、、」と同情をかいます。
バリカサグ島は500人以上の人が住んでいて、島には教会や小学校もあります。
日本のメーカーの灯台があり、親日的な島です。


バリカサグダイブ終了後、リゾート到着は午後3時から4時になります。
アフターダイブはマッサージやビールタイムです。

ゴールデンバラクーダ   バラクーダのトルネード




アオ、アカ、タイマイも出る ギンガメアジの大群




トウアカクマノミ村     オオモンカエルアンコウ



島でランチも         ボートでランチも
最終日は日本へ

朝食前に荷物をパッキングして、お部屋の前に出しておいて下さい
スタッフが朝食中に車に運びます。

朝食は7時からです

現地の清算は前夜完了済ですが、お土産のオリジナルTシャツやマンゴーシェークは個別払いが出来ます。 リクエスト下さい。
最後の忘れ物チェックを終えてから車に移動です。 記念撮影を、、、

朝食後、専用車でタグビララン空港へ

空港では入り口でパスポートと搭乗券の控えの紙が必要です。   事前にご準備下さい。
ポーターはダイビングのバックは40ペソから50ペソです。 チェックインのお手伝いや多少の重量オーバーに目をつぶることも有るとかで、ポーター利用は何かと有利ですが、、、

タグビラランで日本へのチケットをもらったら、マニラで荷物のピックアップは不要
空港内で20ペソの利用料が必要です。

マニラの乗換えはボホールに来る時とは違い、時間によも余裕があり買い物や飲みものを取ることも出来ます。 イミグレーションの後はリラックスして、搭乗を待つだけ。

お疲れ様でした。

又、ノバビーチリゾートに遊びに来て下さい。
お待ちしています、、、


さよなら、、、        さよなら、、、、




リピータ率の高さが自慢  年に数回のゲストも、、




女性の1人旅も問題なし 又、ノバビーチリゾートへ




タグビララン空港入り口  マニラ経由日本へ