プライベートビーチが楽しめる大人の隠れ家的ダイブリゾート

営業再開へ向けて

紅葉の季節は一番日本を恋しく想う季節でもあります。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

NOVAのFACEBOOKではお知らせさせていただきましたが、改めまして、
今後NOVA BEACH RESORTにて宿泊、ダイビングガイド、陸ツアーをトータルアレンジ
するコンシェルジェ/マネージャーを担当させていただくこととなりましたmicaです。
ボホールとの出会いは2005年からになります。
よろしくお願いいたします。

2020年3月にロックダウンを迎えたボホール。一度は光を失ったかのように見えた私たち観光業界も少しずつ
回復の兆しが見えてきています。
どんな状況に置かれても笑顔で家族みんなが元気なら大丈夫!とローカルスタッフや近所の皆の笑顔に励まされながら
気が付けば3年目を迎えようとしています。
現在のパングラオ島の状況は韓国からの直行便が飛んでいるため、韓国からの観光客が目立ちますが夜のビーチを歩くと、
程よくにぎわいコロナ以前のような雑踏はなくちょうどよいかなと感じています。
私たちNOVA BEACH RESORT スタッフたちはそれぞれのコロナタイムを過ごしながら元気に再会しています。
先日ようやく『NOVAS1』の名前もついてお客様をお迎えする準備が整い、メンバーの顔が揃い、目の前の海にNOVA号がいると
なんだか安心しますし、皆様をお迎えできることを思うとワクワクします。

日本はまだ感染者の報道が多く、海外との温度差を感じますが、入国制限の壁がなくなり
飛行機は少し不安定ではありますが、今年お越しの皆様は無事に乗り継ぎ帰国しています。
来年は1月よりソフトオープンとして皆様をお迎えできるよう準備をしています。
出入国のドラマも楽しみの一つとし、日程に余裕を持ちながらボホールの海を楽しみにお越しくださいませ。
皆様との再会を心よりお待ちしています。

NOVA BEACH RESORT スタッフ一同

ノバビーチリゾートご利用にあたって

ノバビーチリゾートは、フィリピン・パングラオ島にある日本人経営のビーチ&ダイブリゾートです。ボホール/パングラオ島を訪れる旅行者でにぎわうアロナより車で5分ほどの位置にあり、プライベートビーチを眺めながら海の風を感じながら静かなひとときを楽しむことができる大人の隠れ家をイメージしたダイブリゾートです。

リゾート内には、日本人インストラクターが常駐しているダイブショップやヘルシー&デトックスをテーマにしたCAFEも併設しているので、ダイビングを楽しみたい方はもちろん。陸でのんびり南国ライフを満喫したい方へもぜひお越しいただきたいリゾートです。

どんなところ? お部屋&料金 アクティビティー

パングラオ島のメイン道路から海へ続く道を進み、ひっそりとたたずむ。隠れ家リゾートです。
朝や夕方に目の前のプライベートビーチで過ごすこともお勧めです。
もっと詳しく
ノバビーチリゾートのお部屋は、全部で6種類。
ボホール特有の天然素材を生かした建物は、建築士でもあるオーナーAKIのこだわりをちりばめた快適なお部屋です。
もっと詳しく
何もせずにただ波の音を聞きながら過ごすという贅沢もあり、ボホールの海と陸を欲張りに楽しむことも、皆様に合ったツアーアレンジをさせていただきます。
もっと詳しく


先日、取材に来て頂いた水中写真家の古見きゅうさんの動画「9チャンネル」のボホール特集を掲載させて頂きました!!

住所 Tawala , Panglao Island 6340, Bohol Philippines

電話 +63-38-502-8298 / +63-92-0804-9088(日本語)

お知らせ

バリカサグ島でのダイビングには規制があります

ボホール島を楽しむダイバーにとって一番の人気を誇るバリカサグ島
環境保護の観点からダイバーやスノーケルでの入島を制限する事になり入島にあたり、
事前の予約登録が必要となり、定員に達した場合は入島ができません。
ダイビング予定日の一か月前にCカードのコピーを役所に申請する必要がありますので
バリカサグダイブを希望の皆様は必ず事前にお知らせ願います。

そのため、パッケージツアーでお越しの皆様はバリカサグ島ダイブへの日程指定は基本的にはお受けできません。
滞在期間中最低一日はバリカサグを予定していますが、バリカサグダイブが不要な方や数日行きたい方は事前にご連絡をお願いします。
また、一度予約を完了しますとキャンセル料が発生してしまうのでこちらも併せてご了承願います。

ボホール周辺でダイビングをする場合の入海料は
バリカサグ250ペソ
パングラオ100ペソ
カメラ、ビデオカメラ等持参には250ペソが加算されます。

入海料、カメラ代は事前に各自治体に支払をいたしますのでダイビング当日に現金をお持ちになる必要はありません。

※この規制によりバリカサグ島の素晴らしい景観を維持できるよう私たち一人ひとりのダイバーも心して海と向かい合いたいと考えています。水中では中世浮力を保ち、水中環境に影響を与えないよう配慮をお願いいたします。また、私たちガイドは水中でのAWARE活動に努めることを誓います。

コラム

1.ボホールで日本人経営のダイビングリゾート
2.ダイビング講習をボホールでお考えなら日本人スタッフがいるショップがお勧めです
3.ボホールでお勧めするダイビングポイント
4.ダイビングと宿泊施設が一体で、ボホールの海を楽しめます!
5.ボホールでダイビングスポットの中心、パングラオ島で万全のサポート